ストーリー&世界観
キャラクター
システム

攻略TOPへ戻る




プロローグ


まだ魔法があたりまえのように存在し、
天かける飛空艇が大空を埋めていた時代の物語。

”この空の彼方には、誰も行ったことのない浮遊大陸がある”

そんな伝説を夢見て、空賊に憧れる少年たちがいた。

『グレバドスの秘宝』に導かれ、消えゆく記憶の扉が開く
空の彼方−
そこは、翼ある者の住む、忘れられし天空の地。

PAGE TOP△
浮遊大陸レムレース


イヴァーリスの大空の遥か彼方に蜃気楼のごとく浮かぶ
幾つかの大陸状の大きな島とそれを取り巻く小さな島々の総称。
神の領域に最も近く、太陽の加護を受けた
大いなる浮遊大陸(プルヴァマ)とされている。

それぞれの島に含まれる浮遊石の性質が異なることから、
かつて繁栄していた彼らも減少の一途をたどり、
現在では、遺跡となった建物で
つつましい生活を送っているのみである。
翼をもつエグルたりの住居の入口は、空の高みにあることが多く
それが独特のレムレースの建築様式となっている。

PAGE TOP△
エグル族、翼ある者たち


背中に翼を持ち、自由に空を飛ぶ種族。
翼を除いた身体的特徴はヒュムと大差ないことから、
ヒュムの突然変異で生まれた種とも言われている。
寿命はヒュムよりもずっと短く、40歳程度。

翼の維持に大きな負担がかかるためか、
あるいは何か他の理由があるのか、、
老齢まで生き続けるエグルはほとんどいない。
若くして生命の終わりを迎えることも多く
”空に生きる者”の宿命として人生の意義を
不快悲しみの中にとらえている者も存在する。

イヴァーリスのはるか上空に浮かぶ
幻の浮遊大陸”レムレース”で暮らしているが、
幾千年の長さに渡り、外界との接触が一切なかったため、
その存在は”空の伝説”として
わずかに残されているのみであった。

PAGE TOP△
聖石と浮遊石


遊大陸レムレースには、異世界とつながる力を持つ小さな石「聖石」と、それぞれの島をつかさどる色鮮やかな巨岩「浮遊石」という特徴的な“石”が存在する。
どちらの石もミストの力を秘めており、空賊たちの冒険心を魅了する美麗な結晶体であるその姿は、イヴァリースにおける魔石と似ているが、役割は異なる。

「聖石」とは、それに願うことで、レムレース各地に点在する召喚ゲートを通じ「幻獣」を呼び出すことができる石である。

「浮遊石」とは、その名の通り大陸を宙に浮かせる原動力となる石。それはまた、内包するミストのゆるやかな放散により、浮遊大陸そのものの風土に大きく影響し、島々の大いなる自然の生態系を織りなす石である。

「聖石」と「浮遊石」の源泉は、レムレース全土を支えている3つの「聖晶石」である。
すべての聖石と浮遊石は、聖晶石からあふれたミストが周囲に拡散し、結晶となって生まれたものであると言い伝えられている。

3つの「聖晶石」の在処は明らかになっておらず、「聖晶石を統べる者は“永遠”を手にする」という伝説が、石に刻まれた“空の記憶”としてレムレースに残されているのみである。

PAGE TOP△
幻獣と召喚


レムレースには、各地に「幻獣」と呼ばれるモンスターが生息している。
彼らは現世の生命ではなく、彼岸の地「幻獣界」と呼ばれる異世界からやってきたものだと言われている。彼らは、様々な姿かたちをしているが、共通するのはその肉体が“まぼろし”であり、死は存在せず、致命傷を負っても消滅して、幻獣界に帰るだけの“不滅の存在”であるということ。ゆえにエグル族の間では、「幻獣」たちのことを「神の使い」であると言い伝えられている。

神の使いといえど、その行動は凶悪で粗暴。古代のエグル族は、この幻獣たちから身を守るため「聖石」の力を借り、各地の「召喚ゲート」から自分たちの幻獣を呼び出し、自在にあやつる術を編み出した。この術が「召喚」と呼ばれるレムレースの魔法の力となった。

「召喚」の術には、その強大なる力ゆえに、レムレースの神「フォルサノス」が定めたと言われるいくつかの掟がある。

ひとつ、幻獣に聖石を“絆”として与え主従の契約を交わすこと
ふたつ、呼び出された幻獣は召喚者に従うこと
みっつ、技量を超えた数の幻獣をあやつることは死を招く

この召喚のルールにより、大いなる力が過剰に用いられることなく、レムレースは平和の均衡を保っていた。 しかし、近年、召喚の秘術を使いこなせるエグル族は減少傾向にあり、彼らの多くは野生の幻獣の脅威にさらされている。

その空にイヴァリースの空賊たちが石の力を求めて踏み込んできた時、神の意は背かれ、物語は動き出す。

PAGE TOP△