ストーリー&世界観
キャラクター
システム

攻略TOPへ戻る



キャラクター


ヴァン [VAAN]
種族:ヒュム族 年齢:18歳

夢をつかんだ若き空賊

イヴァリースを揺るがす大きな冒険を経てたくましく成長した"空に自由を描く少年"。
国家や民族のしがらみから解放され、空賊として活躍している。

飛空挺という名の自由への翼を得て大空を駆けめぐり、 新たな冒険の日々をパンネロとともに暮らしている。

そしていま−
自由の先にある『だいじなもの』を見つけようとしている。
PAGE TOP△


パンネロ [PENELO]
種族:ヒュム族 年齢:17歳

飛空挺の隣に乗せたい彼女

ときにやさしく、ときにキビシく、ガールフレンドとして ヴァンをサポートして、大きな冒険をともに戦い抜いてきた。

危なっかしい”操縦士”のナビゲート役として、 いっしょに飛空挺に乗っている。

女の子らしい踊り子衣装を着て空を渡る風の歌を聴きながら、 新しい冒険に臨んでいる。そのさりげない気遣いはいつも誰かに 向けられているのだが、さて、気づいてくれるだろうか。
PAGE TOP△


リュド [LLYUD]
種族:エグル族 年齢:20歳

心の翼を探すエグルの戦士

浮遊大陸レムレースに生まれ育った誇り高きエグルの戦士。

物事に深い関心を寄せないエグル族の中で 彼だけは好奇心を強く持っているため、”変わり者”という扱いを受けていた。

閉ざされた世界に住む他のエグルと同様に感情をあらわにすることもなければ、 夢や願望を口にすることもない。

ヴァンと出会い、大空の冒険の中で翼を開き、新しい自分に目覚めていく。
PAGE TOP△


バルフレア[BALFLEAR]
種族:ヒュム族 年齢:23歳

舞台を降りた主人公

シュトラールで、イヴァーリスを駆ける最速の空賊。
大空と自由を愛する義賊と噂され、空賊をめざす少年少女にとって憧れの存在。

帝国軍と解放軍との戦いの際、ヴァンらとともに活躍するが、その後行方をくらまし、 生死不明となっていた

いくばくかの時を経て『グレバドスの秘宝』を発見したと、 ヴァンを冒険にいざなう。彼が秘宝をねらう真の目的とは...?
PAGE TOP△


フラン[FRAN]
種族:ヴィエラ族 年齢:不明

ゆるぎないパートナー

バルフレアの相棒として、シュトラールに乗り、ときにはともに空の星を眺める、ヴィエラ族の空賊。

故郷の森を離れて暮らしているが、依然、ヴィエラとしてのミストに対する感応力は高く、 長寿な種族ならではの人生経験も積んでいるため、物静かで神秘的な雰囲気をただよわせる。

”永遠”につながるという『グレパドスの秘宝』の伝説を知り、 バルフレアとの冒険の行く末を強い信頼で見守り続ける。
PAGE TOP△


カイツ[KYTES]
種族:ヒュム族 年齢:10歳

ラバナスタの少年魔法使い

ヴァンをよき兄貴分と慕うラバナスタの孤児。 以前より特技のカギ開けでヴァンを手助けするかたわら、「空賊目指そう団」を結成し、 フィロら孤児仲間とともに空賊にあこがれていた。

その後、旅からもどったヴァンの姿をめにして一念発起し、ほんものの空賊をめざして 魔法の猛勉強をはじめた。

素直な性格だが、ヴァンやフィロほど行動的ではなく、考えすぎで慎重な面もあり、 見知らぬ浮遊大陸での冒険の危険に対して不安を示すこともある。

旺盛な好奇心と小さな勇気を魔法の杖に託し、ヴァン、フィロらとともに 飛空挺に乗りこみ、あこがれていた空賊への第一歩を踏み出すことになる。
PAGE TOP△


フィロ[FILO]
種族:ヒュム族 年齢:11歳

空飛ぶ元気娘

ヴァンを憧れの空賊と慕っているダウンタウンの孤児。 先の戦争の傷跡が心に残り、長い冒険に耐える体力はないが、 普段はそんなことを感じさせない元気で活動的な性格で、 カイツらとともに「空賊目指そう団」を結成して、日夜、訓練にはげんでいた。

カイツと同じく旅から帰ってきたヴァンに刺激されて、空を飛ぶ機工仕掛けの浮遊ボード ”スカイシーフ”の練習をはじめ、ラバナスタの街中を飛びまわるようになった。

冒険したい年頃ゆえ、時には暴走し傷つくこともあるが、 ヴァン、カイツらとともに飛空挺へ乗りこみ、強い自分と出会うために みんあに支えられながら、はじめての長旅の空へと飛び立つことになる。
PAGE TOP△


アーシェ[ASHE]
種族:ヒュム族 年齢:20歳

祖国の危機に再臨する女王

ダルマスカ王国の再建と、帝国への復讐−。かつては、それが責務であると自分を追い込み、 力への強い意志を頑なに貫く亡国の女王であった。

解放軍として行動中、ヴァンやバルフレアに出会い、彼らとの旅を通じて、 徐々にその心は解き放たれていく。そして仲間たちとともに臨んだ戦いの末、 アーシェは彼女自身の自由を手に入れたのだった。

現在は、復興をとげたダルマスカの女王に即位。 自国の繁栄のみならず、イヴァリース全土の恒久的な平和を願い、 日々国務に励んでいる。

風格と統率力を兼ね備えた若き女王は民からの人望もあつく、 弱みをみせることはほとんどしないが時折、王宮の窓からどこか遠く、 風の向こうを見つめている姿が見られるという。
PAGE TOP△


バッシュ[BASCH]
種族:ヒュム族 年齢:37歳

人々を守る信念の騎士

かつてダルマスカの英雄とたたえられた将軍で、 現在は名前をかえて帝国ジャッジマスターとなり、若いラーサー皇帝を 支えている忠実な騎士。

先の戦争で帝国策謀によって裏切り者の烙印を押されるも、 その汚名を甘んじて背負いながら、未来への希望を守るために戦う。 ヴァンたちとの旅において主君アーシェを献身的に支え、 ともに帝国を破って、争いに終止符を打った。

その後、敵国であった帝国で生きる道をあえて選んだのは、 人々を戦乱から守るため、そして同じ願いを抱いていた実弟の志を継ぐためである。

文武に秀で、誠実かつ謙虚なその姿に憧れていた子供たちは多い。 ともに旅をしたヴァンも、バッシュの背中を見て成長したようだ。
PAGE TOP△


バッガモナン[BA'GAMNAN]
種族:バンガ族 年齢:不詳

凶猛なるバンガ

全身に入れズミをほどこした、ガラの悪いバンガ族。 かつては高額の賞金がかけられた空賊のみを狙う賞金稼ぎであったが、 度重なる粗暴なふるまいのため、ついに賞金がかけられ、 現在は逆に自身が追われる日々を送っている。

バルフレアを仇敵として執拗に追っていたが、ヴァン一行に倒され、 命からがら生き延びた経緯から、彼に対しても並々ならぬ恨みを抱いている。

いつも3人の手下を引き連れているが、賞金首となってからは、 彼らとの関係も冷え込んできているようだ。
PAGE TOP△


ラーサー[LARSA]
種族:ヒュム族 年齢:13歳

平和に尽くす少年皇帝

アルケイディア帝国の皇位を数代にわたって継ぐ名家、ソリードル家の末弟。 先の戦いの経緯から若くして皇帝となり、国政を執っている。

幼いころから帝王学を学び、政治・軍略に通じた聡明な少年であるいっぽう、 心優しく和を尊ぶ。現在の帝国における周辺各国との友好路線は、彼の尽力に依るところが大きい胃

かつては軍事侵略政策をとっていた父や兄を敬愛し、 力になりたいと願っていた。しかしヴァンたちと出会い旅に同行して 武力による解決の現実を知ったいま、ラーサーは彼の家族とは別のかたちで 帝国を守り、未来へつづく平和をつくりあげようとしている。

育ちの良さから、ときにヴァンたちにとっては浮世ばなれした 金銭感覚を見せることもある。
PAGE TOP△


トマジ[TOMAJ]
種族:ヒュム族 年齢:19歳

冒険を賭ける密偵

ラバナスタの酒場「砂海亭」で働く青年。 同時にモブハントを請け負うクラン・セントリオのメンバーだが、 自身は戦闘に向かず、有能な冒険者のスカウトを請け負っていた。 ヴァンの才能を見込んで戦いの基礎を教え、クランに入団させたのも彼の功績である。

時がたった今でも、酒場で働きながら商売を学んでおり、 その腕はなかなかのものだと自分では言っている。 大きな冒険を経て成長したヴァンにも態度は変わらず、 先輩風を吹かせるが、一度たりとも食事をおごることはないという 質実剛健の堅実派で、ギルの貯金額は誰にも明かさず、秘密に包まれている。

物語の序盤で、偶然ヴァンたちに同行することとなり、 その後さまざまな面から冒険を手厚くサポートしてくれる。 彼の運んでくる情報には、危険な冒険と一攫千金のお宝の夢がつまっているという。
PAGE TOP△


ノノ[NONO]
種族:モーグリ族 年齢:不明

モーグリ族の機工士

バルフレアたちの乗る飛空挺シュトラールの整備をまかされた モーグリ族の機工士

ぬいぐるみのような外見に似合わず、手先の器用な種族であり、 その腕は確か。

職人気質のモーグリで、飛空挺を我が子のように大切にしている。
PAGE TOP△


合成屋クーシー[Cu Sith,Master Artificer]
種族:??

冒険とトマジを支える小さな職人

飛空挺のラウンジで合成屋をいとなむ幻獣。 トマジがどこからか連れて来たらしいが、召喚したわけではないという。 本人は高い高い空の上から来た、と言っているが、 それがどこを意味するのかは不明。

かわいらしい外見に似合わず、合成の腕はたしかなもので、 材料とレシピさえそろえば、どんな武器でも合成することができる。 負けずギライな性格で職人としてのプライドも高く、 同じ職人でシュトラールの機工士・ノノとはお互いをライバル視し、 その名声を賭けて対決することもあるようだ。

トマジのことを「オヤブン」と呼んであとにつきまとっており、 人間の生活に好奇心をよせる質問魔でもある。
PAGE TOP△


翼のジャッジ[JUDGE OF WINGS]
種族:不明 年齢:不明

生も死も断罪する執行者

まがまがしい翼を背負った鎧に身を包み、心を読みとる秘術をもって レムレースを訪れた空族たちを煽動して、浮遊大陸を荒らす正体不明の人物。 レムレースに眠る聖石のちからで、イヴァリースの支配をもくろんでいるというが、 その動機は定かではない。

エグルたちはレムレースの神の化身であると噂しており、 その名に恥じぬ強力な召喚獣をあやつって、ヴァンたちの前に 幾度となく立ちはだかることになる。

翼のジャッジに従えば、思うままに望みがかなるといい、宝、聖石、権力 そして”永遠”までもが手に入ると空賊たちは噂して、欲望のままに悪行をはたらいている。

『翼のジャッジ』とは、その外見をアルケイディア帝国のジャッジのまとう鎧になぞらえ、 空族たちが呼び始めたもので重苦しい甲冑に隠された本名や種族、年齢を知る者はいない。
PAGE TOP△